もらって嬉しいノベルティグッズ
2019年9月9日 ノベルティアイテムの制作ポイント

ノベルティアイテムの制作ポイント

ノベルティ制作するにあたって意識をするポイントは、誰に対して配布するかということです。

社内や社外に配布する場合や、不特定多数の人に向けて行うのかを考えていきます。ターゲットの選定を細かく行うことは、ノベルティ製作の成功率を大きく左右させます。このポイントが決まることで、自然と目的もはっきりするのでグッズを選びやすくなります。大まかな方向性を決めていき、その次にデザインを始めます。少し前は商品に目新しさがあれば、受け取った人にインパクトを与えることができていました。

近年はノベルティの重要性がかなり分析されていて、企業のロゴを印刷しているだけでは受け取る人にインパクトを与えることができません。商品がいくら良いものでも、宣伝効果が薄ければアピールすることができなくなります。カレンダーはノベルティグッズとして効果が高いアイテムで知られており、飾ってもらえば1年間は見てもらうことができます。特に壁に大きく貼るタイプや、卓上に置くタイプもありターゲットに合わせて選べます。企業名やブランド名・商品名などロゴを大きくプリントすることも可能で、毎日目にする機会があり綺麗なデザインであれば、来客などからも目を留めてもらえます。

タイミングを逃してしまうと使われない可能性もたかるので、年末に既存顧客へ配布することが大切です。毎年もらえることがわかれば、リビングやオフィスの定位置に貼ってもらうこともできます。タオルは定番のグッズですが、大きく社名やロゴなどを入れることができコストも低いです。その割にアピール効果が高く、長く使ってもらえるので目に留まる機会も多くなります。さらに一定期間が経つと買い替えの時期になる消耗品なので、継続してノベルティとして使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *