もらって嬉しいノベルティグッズ
2019年9月12日 ノベルティを配布するポイント

ノベルティを配布するポイント

ノベルティを制作する時は、もらってよかったと感じるものを作ることが基本です。

すぐに捨てられたり、使われずに放置されるよりも、多くの人に使ってもらうことによりノベルティの効果を発揮します。どのような企業でもノベルティを活用していますが、特に工夫を凝らしている場合もあります。ただ単に配布するだけではなく、もらった側にどのような気持ちになって欲しいかをイメージしつつ、インパクトがあるものを制作します。こうすることで、本来のノベルティの効果を発揮することができます。

自社製品やサービスとの関連性を意識したものであれば、企業を連想しやすくなります。ノベルティを配布する相手や、自社の特徴・ブランディングを踏まえて制作することがポイントです。さらにオリジナルのグッズを制作することで、それ自体に反響がでるケースもあります。ビールを販売している企業であれば、オリジナルグッズに保冷剤やバッグなどをつけることができます。

サイズやデザインが、商品と合っていればそれが欲しくなり、お出かけの際に一緒に持って行きたくなる傾向にあります。そのアイテムにわかりやすいロゴや銘柄などが印刷されていれば、潜在的な意識でリピーターになる可能性が上がります。定番のアイテムは競合他社と被りやすい傾向にあり、もらう側へのインパクトにかけることもあります。そうならないように、様々な情報を知ることで他とは違うアイデアを採用することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *