もらって嬉しいノベルティグッズ
2019年10月21日 作って成果に結びつけるノベルティの選び方

作って成果に結びつけるノベルティの選び方

ノベルティは企業の販促に使えるツールで、1個あたりのコストが手頃だったり、種類が豊富に選べるのが強みです。

社名を入れてオリジナリティを高められますから、何気ないグッズでも付加価値をつけることができますし、スタッフの直接手渡しで販促効果を強められます。ただし、コストが低いからと闇雲に大量に作ったり、ただ配るだけだと十分な成果を引き出すには至らないです。

ノベルティは誰に対し何の為に作り配布をするか、それを良く考えてグッズを作ったり、販促に活用することが大切です。使ってもらって価値を発揮するノベルティは、実用性重視で自然と使いたくなるグッズを選ぶのが最初のポイントです。ポケットティッシュはコストが安く済みますが、使い終えるとたちまちゴミになってしまい、販促効果が損なわれます。

しかし、何度も繰り返し洗って使えるタオルなら、多少コストが上がってしまうとしても、ポケットティッシュを上回る費用対効果に期待できます。季節商品の販促でノベルティグッズを作るなら、夏は団扇や扇子、冬はネックウォーマーやカイロが喜ばれるので、これらが検討の有力候補になります。

勿論、性別や年齢になど受け取る層を考える必要があるので、季節に合うものなら何でも良いというわけではないです。バッグはノベルティグッズの新しい定番ですが、理由はやはり実用的かつ毎日使えることで、エコバッグならばコストが安く、男女兼用の色使いとデザインで性別を問わずに配布できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *